ホーム>トピックス>赤ちゃんとことば(1/3)
トピックス

赤ちゃんとことば(1/3)

201612716447.png

コトバのやくわり

ことばは、私たちが生活するうえで、とても重要なものです。

よく、「ことばは、コミュニケーションツール」と言われますが、道具として存在するだけではありません。

まず、モノゴトの名前や状態を知るときにもなくてはなりません。

例えば、ボールを見て「まるい」「はずむ」「なげる」「やわらかい」「あそぶもの」など、そのものの名前をはじめ、

形状や感触を認識して確認をするのに必要です。また、「うれしい」「きもちいい」「きらい」「こわい」など、

自分の気持ちを目に見えるカタチにするためにも使用します。もちろん、相手に想いを伝えるためにも用いますが、

自分で何かを考えるときにも想いをことばにしますよね。

 

「これは どんな あじかな? あまい? からい?」…ことばでアレコレと思考をめぐらせて、想像力も育んでいきます。

もっというと、ことばはその人の生き方そのものでもあります。

お菓子を食べて「甘い」ということばを、強い口調で言うとどんな印象ですか?

「このお菓子は美味しくない」とか、「甘いせいで怒っている」ようにも思えますよね。

逆に、おっとりと「あま~い」と言えば?

こちらは、何だか「幸せな気持ちにさせてくれる味」のように思え、食べてみたくなります。

その人がどんなことばを選ぶのか、どんなふうに使うのか、そのことばを発する語気の強さや表情によって同じことばでも、印象がずいぶん変わるものです。

20162317333.png

もともと、ことば自体に意味がありますが、その人なりによって新しい意味合いとして伝わることもあります。

語彙のゆたかな人の話って、聞いていても楽しいものですよね。

語彙を広げるためには、たくさんのことばと出会わなくてはなりませんから、その人は読書が好きな方かもしれませんね。

 

それからもうひとつ、ことばには、元気を与えたり癒したりする力があります。

落ち込んでいるときにパワーをくれることば、気分転換になることばetc.

 

おしゃべりを楽しんだり、心を通わせるためのツール

家族だけではなく、友だちや、これから出会うすべての人と心を通わせるためにも必要なツール

 

モノの名前や状態を表現するもの

赤ちゃんの周囲のモノごと、すべてを認識して理解するために言葉は不可欠です。

りんごという名前、赤いという色、まあるい形など。

 

使える時に使うもの

相手と会話を交わすだけでなく、自分に問いをする時や

その答えを出す時にも言葉は重要です。

 

心に効果をもたらすもの

ケンカをしたとき、落ち込んだときなど、心を開かせたり、癒したりすることもできます。

ことばは単に記号ではなく、心に響くものなのです。

 

 

相手にも自分にも効果大の力!

ぜひ使っていきたいですね。

 

赤ちゃんとことば(2/3)

赤ちゃんとことば(3/3)


今回お話をお聞きしたのは

横山 洋子先生
千葉経済大学短期大学部子ども学科教授。
幼稚園教諭、小学校教諭を17年経験した後現職に。
主に、「言葉指導法」「ことば表現」「幼児理解」など乳幼児のことばについて指導しています。
著書に『子どもへのことばがけハンドブック』(ナツメ社)、『赤ちゃんの知能開発あそび』(ナイツ出版)、
『赤ちゃんの知能開発あそび』(共著・学研教育出版)ほか多数
 

あわせて読みたい